スポンサーリンク

【5/3-5/7】ゴールド相場のチャート予想、テクニカル分析【FX】

ゴールド相場先出し市況サムネイルゴールド

【5/3-5/7】今週のゴールドチャート分析

こんばんは、Guaranaです。

今週のゴールド相場の振り返りやっていきます。

記事がためになった!ミラトレで儲かった!という方はこちらからスパチャお願いします!

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう
スポンサーリンク

先週のゴールド相場分析

全体チャートから

5/3-5/7金先物相場チャート

ついにきた!まってました上昇トレンド!!!

先週の記事を読んでない方はこちらから↓

ここから各曜日の値動きを振り返っていきましょう

スポンサーリンク

各曜日の振り返り

月曜日

5/3月曜日 金先物チャート

1日かけて上昇。

この形あまり好きではないです。東京時間〜ロンドン時間までが無意味になるNYの暴れるチャートの方が得意です。

そんなこともあり、レンジ抜け期待で持っていたロングは

早めにリグって様子見していました。

このあとNYでさらに上昇し、ほぼ日足の高値でクローズ。

火曜日

5/4火曜日 金先物チャート

月曜日の上げ方がインチキ上げ(本格上げではなく小資金上げ)かな〜って感じだったので一回ロング狩られるところまで待ってから、ロングしたい戦略でした。

指値かからず高値を目指し、そこから急落。

よくある動きではあったかなと思います。
大事なのは乗れてないからといって変に後追いしないこと。

水曜日

5/5水曜日 金先物チャート

火曜日につけた安値でのダブルボトムで今週握れるスイングポジでした。
指値忘れてて取れなかったのが悲しい。

精算込みのローソクがあった水準では積極的にポジション取っていきたいところ。
具体的には前日の急落の安値付近。

木曜日

5/6木曜日 金先物チャート

ドル安影響?にしては随分上げが大きかったのでゴールド単体っぽい動きでした。金利は動いてません。

水曜日のボトムで拾えてなかったのでリスクとってロングポジション取るべきでした。反省。

スイングでネックポジション作ってからデイトレで増していくのが精神的には楽ですね。

テクニカル的な話だと水平のロールリバーサルで綺麗に推移していました。
この日の最高値付近で1758から持っていたロングのスイングポジションは利食い

金曜日

5/7金曜日 金先物チャート

雇用統計がありました。

雇用統計前の静かな相場から雇用統計でのぶち上げ。

大きい指標の前(FOMC、雇用統計など)は闇鍋モード発動するので触るのは注意が必要。

来週のゴールド立ち回り

ゴールドは1日一回ポジション取りやすいところくれるのでしっかりとっていきたいですね。

今注目してるのは米国債10年金利

金利

日足水平の領域まで下がってきてリバ。この水平下抜けてからの方が安牌ロング。

今週ゴールドは大きく上に動いたので、一度下げてきて、ポジション集めてレンジしたところでロングを入れるのが吉かなと考えてます。そのときに金利の水準は意識しておきたいところです。

以上。

ゴールドやるならTitan FX

最大レバレッジ500倍(ゴールドでも500最大レバレッジ500倍(ゴールドでも500倍は珍しい)
高い約定力、低いスプレッドで取引環境がとてもいい。
とりあえずスプレッドでかいアフィリエイター御用達の某取引所の口座を作る前にTitan作っとこう

為替やるならTTCM

最大レバレッジ500倍
取引環境抜群の取引所、スプレッドはTitan FXとほぼ同等、オーダーの通りはTitan以上にいいです!

今なら口座開設ボーナス10000円分ゲットできちゃいます。

暗号通貨やるならBinance

最大レバレッジ125倍。ゼロカットシステムあり。サーバー強い。UIも使いやすい。bybitよりも好き。

ゴールド

クリックお願いします!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ
シェアしてもらえるとモチベあがります!!
Twitterもフォローお願いします!
スポンサーリンク
山猫銀行蝦夷支店

コメント

  1. かわ より:

    ガラナさんがたまに仰る「底を固める動き」とはロウソクの形やラインに対する反発具合などでの判断ですか?

  2. かわ より:

    ガラナさんのたまに仰る「底を固める動き」とは、ロウソク足の形や、ラインに対する反発具合をみて判断しているのでしょうか?お教えいただけると幸いです。

    • GuaranaGuarana より:

      ラインよりもローソクの形をみて判断することが多いです。

      • かわ より:

        ありがとうございます。始めたばかりで分からないことばかりですが、毎週考察を楽しみに読ませていただいています。

タイトルとURLをコピーしました